オシリペンペンズ最高でしたー。主演は関ジャニ∞の人。
山下敦弘監督作ということで、ただのファンの感想になります。
個人的評価:★★★★★★★★☆☆
misonounivers
2015年2月14日公開/103分/日本/映倫:G
監督:山下敦弘
出演:渋谷すばる 二階堂ふみ 鈴木紗理奈 松澤匠 野口貴史 赤犬

<あらすじ>
大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。彼の才能に興味を抱いたバンドとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は「ポチ男」とあだ名を付け、スタジオで働いてもらうことにする。やがてバンドのボーカルに迎えられたポチ男は、喪失した過去の記憶をたどっていき……。
(以上シネマトゥデイより)

misonounivers13
記憶を失くしてから初めて鏡を見るシーン。「…………誰?」

とりあえず主人公の渋谷すばるがめちゃくちゃ良かったです!
正直あんまり期待してなかったのですが…(すいません)。
キャラクターもいいんですけど、役者がいいですよ、この映画。
この人の顔面は最高でした。
風貌もなんとなく無骨な感じがして、シャツも基本的にビロビロだし、韓国暴力映画の主人公みたいでしたよ。かっこよかったっす。

この主人公、セリフは必要最低限のみという感じ。
前半はほとんど喋りません。
笑顔らしい笑顔もありません。
(記憶喪失の間は)とにかくずーっと無表情です。
喜怒哀楽をあまり表に出しません。
無表情ってところはカウリスマキの『過去のない男』(同じく記憶喪失モノ)からの影響なのかなーと思ったりもしました。
個人的には、主人公が無口って設定だけでもちょっと良いです。
喋らない主人公って大好きなんですよねー(『ドライヴ』のゴズリングとか)。
こういう場合セリフに取って代わるものが、たとえば暴力であったりするんですが。『味園』の主人公に唯一残ってた記憶ってのは【歌】だったんですね。

misonounivers8
画像は松澤匠くんのラストシーン。

話は出所シーンから始まります。
主人公がシャバに出ると昔の仲間二人が車で出迎えにやって来ます。
しかし、彼らと別れて一人になったところを何者かによって拉致されてしまい、暴行の末血まみれに…。
そして頭を殴られた主人公は、記憶喪失(逆行性健忘)となってしまいます。

どうでもいいことなんですが、この昔の仲間ってのが良かったです。
パッと見すごくクズっぽいんですよ。
ひとりは天竺鼠の坊主の方(芸人)。
その舎弟として登場するのが松澤匠なんですけど…『恋の渦』のユウタくんですよ!(『トイレのピエタ』で、ようやく名前覚えた)
冒頭からテンション上がりましたー。
底辺が似合いすぎてて大好きです。
今回もホントに軽薄なチャラ男って感じで、ずっとニタニタ笑ってます。
ムカつくんですけど、後半になると主人公によってボコボコなのでスッキリ。

misonounivers11

けっこう重要なシーンである記憶を失う際の暴力もすごくいいと思いました。
頭部への一撃が金属バットなんですけど、バットの振りかぶり方がわりと強烈なんですよね。
絶対死ぬだろ…って感じに思いっきりガツンといってます。
こういう描写を見るたびに、殴られた人が平然と生きてたりして(まあ、映画だからいいんだけど)、ちょっといらいらした気持ちになったりもするんですよねー。
ですが、今回は納得できました。
こんだけ強めに殴ったらさすがに記憶も吹っ飛ぶかも!と感じたので、必然性のある程良いバイオレンスだったと思います。

misonounivers10
たぶん『レニングラード・カウボーイズ』の日本版

目を覚ました主人公がふらふらと歩いていく先は地元のお祭り会場。
そこで赤犬(っていうバンド)がライブしてるんですけど、ここは嬉しかったです。
ついに出た赤犬!という感じで。
赤犬といえば、山下監督の初期作の音楽を演っていたことで有名(?)ですね。
熊切和嘉監督の作品でもいくつか担当してました。
まあ、大阪芸大のつながりだと思うんですけど、今回の作品は出ててもまったく不自然じゃない話です。
というか赤犬ありきのストーリーですよ。
音楽映画ですし、舞台は大阪ですし。
基本的にこの映画の出演者全員が関西弁だったと思います。
赤犬がいるんで『どんてん生活』の盟友・宇田鉄平(テッペイ)も当然出演。
ホントに楽しい映画でした。

misonounivers2

お祭り会場に到着した主人公は、ぼーっとバンドの演奏を眺めてから、唐突に歌っているボーカルからマイクをぶん盗ります。
そしてここで初めて歌うことに。
曲は「古い日記」をアカペラで。
正直観る前は、アイドル主演だし、関ジャニ∞だし…って感じでナメてたんですけど、ここの歌で気持ち持ってかれました。
フツーに上手いです。
そして、なにより迫力がありました。
ちょっと圧倒される感じでした。
で、ある程度歌い終わったら、なぜかぶっ倒れて気絶。
え、なんで?ってちょっと思ったけど……そのほうが面白いからいいんですよ!
そして主人公は二階堂ふみに拾われて同居するという羨ましい展開に。

misonounivers9
赤犬のライブ中はPAとして活躍。

カスミ(二階堂ふみ)は赤犬のマネージャーをやりながら実家の音楽スタジオを経営しています。父は二年前に事故で亡くなってしまい、一緒に散歩していた犬のポチはその時に逃げて、消えてしまったようです……!
名前のなかった主人公はカスミの家で暮らし始めてから、【ポチ男】と名付けられることに…(ひどい名前)。

それからしばらくして、赤犬のボーカルが交通事故で怪我を負い、歌声を認められたポチ男が代わりに赤犬で歌うことになるのです。
そして初ライブへ。
「古い日記」を歌うのですが、その時ついに記憶の断片が甦るんです。
ここは演出もかっこよかったんですけど、渋谷すばるがめちゃくちゃ良い。
ぼうっと止まってるだけなんですけど…。
眼力で圧倒する感じ。涙で(?)ほんの一瞬だけ眼が輝くんですよね。
観てて、ちょっと涙腺が緩みました。
ちなみに、この映画の出演者は誰ひとり泣きません。そこもよかった。

misonounivers3

その後、あるきっかけでカスミはポチ男の素性を知っていくことになるのですが、今の関係を壊したくないカスミは真実をポチ男に告げず、嘘をついてしまいます。
ここのすっごく微妙な感情表現は最高でしたー。
恋愛感情とも違うんですよね。
バンドに必要な人間として、いなくならないでほしい!ということみたいです。
要は、歌声に惚れた女…なのかな。

最初は、ペットロスの穴を埋める存在がポチ男だと思ってたんですけど、途中からやっぱりそうじゃないのか…と思いだして、結局最後はカスミの自己満足のためだったのかなーと思いながら終わってしまいました。
「しょうもな」ってのは、自分が喜んでることに対しての照れ隠しなのかなー。
いろいろと考えさせられました(浅いことしか考えてません)。

misonounivers4
黒目以外はあまり動きのない顔面。

そしてついに主人公の記憶がすべて甦ることになります。
きっかけは、おじいのカセットテープ。
ここも渋谷すばるの顔演技のみで押し切ってます。
表情は相変わらず無表情に近いんですけど、やっぱり眼光ですね。
あと間の取り方がすごく良い。

元居た家を思い出したことで、その日のうちに帰宅するのですが…嫁につらい扱いを受けてしまいます。
主人公・大森茂雄は歌が好きなだけのクズ野郎だったんです!
それからカスミのスタジオに戻るが、松澤匠が訪ねて来たことで、迷惑をかけるわけにもいかず出ていくことに…。
すべての記憶を思い出したことで居場所を失くした主人公。
ついでに主人公の暴力が松澤匠に炸裂(ここ気持ちいい)。

misonounivers5
やっぱり悩むときは浴槽。このあと頭まで沈んでブクブク…というベタ描写も。

カスミってキャラクターは正直ちょっと中二病っぽいんですけどね。
なんか言動が幼くて…。
「うちの世界はこれだけで足りんねん(4本指)」とか。
この映画の中でカスミだけはドラマ的なセリフ多めな印象です。
とは思いつつも、そんなところがめちゃくちゃ可愛かったりもします。
そしてスイカを食べながらの告白&種飛ばしは名シーンでした。
…二階堂ふみに肩をグーパンチされたいとか、金属バットで殴られたいとか、一緒にスイカ食べたいとか、ちょっとそういう願望ありますよ。
そんなものを全部叶えてくれる映画でもありました(実際何も叶ってないが)。

misonounivers14
真ん中の人が超かっこいいバカなことをしますが、とくに盛り上がりません。

ラストは赤犬+ポチ男こと大森茂雄(渋谷すばる)のライブで幕を閉じます。
この直前の出来事でけっこう感動しました!
赤犬ボーカルのタカさんが全力で場の空気を読むんですね。
ボーカルを引き渡すためにあることをします(しかもまったく見えないところで)。
笑い泣きですよ。
そして、ポチ男はステージに…。

misonounivers12
『殺人ワークショップ』の主演・宇野祥平さんも出てましたよ!

ラストの印象ってものすごく大事だなーと改めて思いました。
歌い終わってから、最後の最後で主人公が初めて笑顔を見せるんです。
それもカメラ目線なんかではなくて、ちょっと俯き加減にニコッとするんですけど、そこはもうヤバかった。
涙腺崩壊とかは全然ないんですけど。
「良い映画を観たなあ…」と心地よい気分になりました。

二階堂ふみの「しょうもな」の一言で終わらなくてホントに良かった!
「しょうもな」って、なんなんですかー。
激しく印象に残ったし、そこに愛情の・ようなものは感じましたが…。

misonounivers6
宇宙一カッコイイバンド・オシリペンペンズは名曲『拷問』を披露。

ところで、オシリペンペンズはマジに最高です。
中盤にカラオケ喫茶で演奏するシーンがあるのですが、ボーカルの石井モタコ氏はいつも裸なのに映画ではなぜか着衣でした。二の腕に「オメコ」という文字の自家製の刺青が彫ってある凄い人です。あれは子供たちへの配慮だったんでしょうか。懐かしかったし嬉しかったので、とくに残念でもないし文句もないのですが。久々に見たり聴いたりするものは、どんなものであれよくわからない謎の感動がありますよねー。そんな感じで泣きそうでした。演奏時間も、長すぎず短すぎずジャスト。ありがとう、うどんサイケ。

それからエンドクレジットをだらだら眺めていると『松ケ根乱射事件』の『モレシコ(ボアダムス)』とか本気で最高だったな!と見直してもないのに思ったり…。
ほぼ全シーン面白かったので、感想のないところがないような映画です。
面白かったです。面白かったんですが監督の過去作と比べると、熱量はそんなに高くない…と思いました、正直なところ。
本心から好きです。けど爆発力は、あんまりなかったかなー。

misonounivers7
ちゃんと嘔吐シーンもありました。さすがです。

味園ユニバース 初回限定 [Blu-ray]

新品価格
¥4,044から
(2016/6/26 07:43時点)