「怒り」「信じる」「許す」という部分での感動はそれほどでもなかったんですが、キャラクターの描き方は面白かったと思います。そこは楽しめました。
犯人についてのネタバレあります、一応。
個人的評価:★★★★★★★☆☆☆
ikari
2016年09月17日公開/141分/日本/映倫:PG12
監督:李相日
原作:吉田修一
出演:渡辺謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野剛 広瀬すず 佐久本宝 ピエール瀧 三浦貴大 高畑充希 原日出子 池脇千鶴 宮崎あおい 妻夫木聡 水澤紳吾

<あらすじ>
八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。
(以上シネマトゥデイより)

ikari3

公開から半月経って、映画『怒り』ようやく観てきました。
平日のレイトショーでしたが客席は(BL目当ての?)女性ばかりでほぼ満席という感じでした。豪華キャストですしネームバリューに惹かれて鑑賞した方も多いのかなと思います。自分の場合は吉田修一が原作ということで…観なければ!という感じですね。ですが原作の『怒り』未読です…。購入しましたが、間に合いませんでした。なので、映画本編のみの感想になります。

以前から劇場に行くたびに予告がバンバン流れていましたし、李相日監督と小説家・吉田修一の『悪人』タッグ、加えて豪華なキャスト陣ということで若干の期待はしつつ、ですが李監督の前作『許されざる者(日)』がそこまで楽しめなかったので、ゲイ描写が面白かったらいいな、という程度の気持ちで鑑賞しました。『悪人』のほうは、賛否両論で否定的意見多めなイメージありますが、個人的にはけっこう好きです。部分的には大嫌いなところもありますし、大絶賛ではないのですが、主人公への感情移入は当時ハンパなかったです…。なので、嫌いにはなれない作品ですね。

で、今回の『怒り』なんですが、出来としてはわりと同じような印象でした。好きなところもあるけど、嫌いなところもあって、オチ微妙…って感じです。テーマ自体は深いものだったと思います。しかし、それが伝わってきたかっていうと……。信じることの難しさ云々は分かります。それより肝心の【怒り】の部分が、とくに犯人の【怒り】が、いまいち理解できませんでした。だからって作品に対して「ふざけんな!」と怒るほどでもなく、なんていうか、全体的には、まあまあでした。所々ディティールの部分は面白かったんですが…。

(予告動画は一番下に貼ってあります)

ikari4

大雑把なあらすじは上にも書いてありますが、日本の異なる三カ所で同時進行するヒューマンミステリー映画(?)だそうです。ミステリーの要素は少なめで大筋は人間ドラマを描いていたと思います。八王子の閑静な住宅地で夫婦の惨殺死体が発見されるところから話は始まります。現場には、血で書かれた【怒】の文字が残されており、その後犯人は逃走。逮捕されることなく一年が経ったある日、整形して潜んでいるとされる犯人の似顔絵がテレビで公開されます。そして、千葉、東京、沖縄で、犯人だと疑わしい3人の男の存在が浮上し、彼らを取り巻く人々の心が揺さぶられていく…というものです。

容疑者は以下の通りです。
  • 千葉編:田代哲也(松山ケンイチ)
  • 東京編:大西直人(綾野剛)
  • 沖縄編:田中信吾(森山未來)
いずれも素性の知れない3人。犯人はいったい誰なのか?

ikari6

とりあえず、好きだったところから書いていきます。

妻夫木と綾野剛のゲイ描写はサイコーでした。東京編ですね。まあここは見てる間ずっと楽しかったです。ゲイでサラリーマンの妻夫木は、発展場で拾った素性不明の男・綾野剛をヒモにしてあげることになります。出会いは肉体関係からでした。この発展場(サウナ)を妻夫木がスタスタ歩いていくシーンなんかはテンション上がりましたよ、大好きですね! そのちょっと前には妻夫木がプールで男だらけのパーティーに参加しているんですが、そこでの派手さ加減から一転して発展場では急に描写が生々しくなるわけです…。そこらじゅうでムチムチの男たちが、まあ汗まみれで、激しく愛しあっており、ここのシーンは『シェイム』(SEX依存症映画)のマイケル・ファスベンダーとか意識してるんじゃないかなと思いました。非日常的な地獄のような感覚がたまらなかったです。奥で横になっている綾野剛を見つけて、激しくペッティングなどしつつ、周りでは同じように男たちが交わり合い…。綾野剛は綾野剛で、たいして抵抗もせず自然に受け入れてしまう。来るもの拒まずという感じもあり、自発性が欠如したような存在で、何もしない男という印象が強かったです。無気力とはまた違うんですが、ただいるだけ…って書くとそれもちょっと違う気がしますが、でも、ただいるだけのシーンが多かったと思います。極力演技しないようにしている印象も受けました。

ちなみに妻夫木がタチ(突っ込むほう)で、綾野剛がウケ(突っ込まれるほう)でした。綾野剛は終始女役に徹していて、ときおり胸の谷間を作ったりして、可愛らしかったですよね。『横道世之介』のときもゲイのウケっぽい役を演じていましたが、今回もあの時と同じようにベランダから東京の夜景を眺めていたりして、そこが若干リンクしたりで面白かったです。原作は同じく吉田修一ですし、当て書きしたのかな?と思うほどハマり役でした。妻夫木の周りにいる友人たちのほうがガチホモ感は強かったように思います。メインの二人もそれっぽくて好印象でした。ぼく自身はノン気です。

ikari15
ちゃんと男らしくディープキスしてましたよ!

…というようなことは本筋の殺人事件と(たぶん)深い関わりもないのですが、人間の描き方は素晴らしかったしちゃんとそこに存在しているような説得力もありました。まあ単純に見たかったもんを見せてもらえて喜んでるだけな気もしますが、面白かったですね。描き方がステレオタイプすぎるとの意見もあるようですが、むしろここはベタで良かったと個人的には思ってます。

そして、ここから二人の同棲性活が始まっていくのです。初めは距離のあった二人の関係は徐々に親密なものへと変わり、過去が分からない男のことを少しずつ信頼していくようになっていきます。しかしある日妻夫木はテレビで殺人事件の容疑者の似顔絵を見てしまい、綾野剛との共通点に気づいてしまう…。果たして、愛した男が殺人犯ではないと信じぬくことができるのか!?っていう話ですね。

千葉・東京・沖縄の3エピソードありますが、個人的にはこの東京編が一番好きでした。綾野剛カワイイ描写なんかも超イイですよ。コンビニ帰りに「袋が傾いちゃう…ヤダ…あれッ、うまくいかない…もう~」みたいなのとか爆笑。そこを優しくフォローしてあげる妻夫木くんも、いいなあって感じで。ヒゲも服装もそれっぽくて、部屋の鍵を預けるところなんかもすごく良かったし。徐々に信頼度が上がってる描写なんか巧かったと思います。それから母の死、バイ疑惑、警察からの電話、そして結末までの流れも自然でした。東京の二人はなんだか好意的に見たくなってしまいました。最後にめそめそ泣いちゃうのだけが不満ではありますが。

ikari8

そして、全編通しておそらく最も衝撃的なシーンだったと思うんですが、まあいろいろあって本作のヒロイン広瀬すずちゃんが、米兵にレイプされます…。沖縄編ですね。那覇へ遊びに来て慕っているお兄さん(森山未來)に飯奢ってもらって楽しく過ごし、あー楽しかったッ!とルンルン気分で帰路に着く広瀬すず。途中、一緒にいた友だちのタツヤくんとはぐれてしまい、探し回っていると薄暗い路地へと迷いこんでしまう。さまよい歩いて、ふっと角を曲がるとそこは米兵の盛り場。恐怖心から足早に逃げるのだったが…。あっけなく二人組の米兵に捕まり連れ去られてしまう。そして、公園まで連れて行かれたすずちゃんはパンツを引っぺがされてうつ伏せ状態でバックからズコズコ…。

何も知らずに観に行ったので、けっこうショッキングでした!
「沖縄って、無法地帯の地獄かよ!」と思いました。

レイプされる映画なんていっぱいありますが、まさか広瀬すずが…ねぇ……。まあでも、楽しんでしまいました。驚きが大きかった分、テンションも上がりましたし…。うん、まあ、最悪ではあるんですが。ここに至るまでの恐怖演出も好きだったんですよね。ちゃんとドキドキしたし、途中で展開が予見できるものの、心にグサッときました。こんなこと書くと良識ある誰かに怒られそうですが、正直めっちゃ興奮しましたよ。画的には、刺激的なものは必要最小限だけ見せていて、撮っている側も広瀬すずもすごく遠慮している感はありましたが、頑張ってたシーンだと思います。

が、このシーンの必要性はあまり感じなかったですよね。個人的にはこういうショッキングなシーンは映画にひとつくらいあったほうがいいかなと思うんですが。同行した少年の親父が反基地運動で汗水垂らしてんのを見せておいて、米兵(しかも黒人)に無垢な少女をレイプさせるって、ちょっとあからさますぎませんか…。なんか利用してる感じが見え見えで、さすがにどうかなあとも思いました。このシーンの説得力があったためにラストの叫びも悲痛で哀しくなるのですが、どうだろう…。レイプしてもいいけど国絡めんのが、ちょっとなあ…。狙いでやってたんでしょうけど。

ただ、娯楽大作がアッサリ排除しちゃいそうなこういう陰惨なシーンをわざわざ入れ込んできたのは良いことじゃないかなと思ってます。だって無くても話が成立しちゃいそうですし。誰かしらが憤慨しそうな描写ですが現に映画全体で一番の見せ場となっているわけですし、そういう意味では、あってよかったのじゃないかと…。どう見たって痛々しいシーンですよ。しかし、そうじゃなきゃ話にならないですよね。

ikari7

広瀬すずは登場人物の中で最も救いがなく、不幸なキャラクターだったと思います。母の勝手な都合で沖縄へ引っ越し、見ず知らずの米兵にレイプされてしまい真夜中の公園で処女喪失。好意を抱いていたお兄さんは東京で人を惨殺してきた頭のオカシイ逃亡犯。唯一の友だちは森山未來をぶち殺して、ラストで殺人犯に…。

彼女に共感はあまりなかったんですが、不憫でしたね。人を信じて裏切られる絶望は一応しっかり描かれていたと思います。彼女のトラウマを考えると胸が痛みますが、なんていうか、全体的に話にのめりこむことができなかった気もします。他人の不幸を一歩引いた目で眺めているような感覚でした。

ikari0

見始めてから気づいたんですが、この話って市橋達也容疑者の一連の逃亡記録が題材となっているんですよね(たぶん)。事件にそれほど詳しくもないですが、以前観た『I AM ICHIHASHI』と酷似した描写がバンバン出てきましたし大阪にて偽名で働いていたという証言もありました(水澤紳吾サイコー!)。ということで話は飲み込みやすかったです。犯人は誰なのか…?ってことを、鑑賞中自分なりに予想してみたりという部分も楽しむべきところなんだと思います。3人がわりかし平等に疑わしく見えるような演出で、終盤まで誰が犯人なのか分からないような作りになっていました。もしかしたら全員が無関係な人物なのじゃないかと思う瞬間もあったりして、脚本はよくできていたんじゃないかと思います。左利き、三連ホクロなどの犯人の身体的特徴で惑わせてるあたりは、うまくいっていたと思います。三カ所を短時間に行ったり来たりの見せ方なのですが、そこでの不自然さも感じませんでした。

この映画の重要な点は、突然現われた素性の知れない人間を信じきることができるのか?という部分です。他の方々も散々書かれていますが、「信じることの難しさ」を描いたものなんだと思います。

いきなり結末をバラしちゃいますが、結果はこんな感じ。
  • 千葉編:信じてたら、ハッピーエンド!
  • 東京編:信じられず、証拠隠滅!
  • 沖縄編:信じてたら、裏切られた!
まあ書き方がアレですけど、だいたいこのようになってたと思います。そんで全部最後はめそめそ泣いて終わりっていう…。種明かしの部分までは、個人的にはけっこう良作!と思っていたんですが、ラスト30分くらいですかね、もう感動のゴリ押しで…つらかったですね。そういう部分があってもいいですし、李相日監督の持ち味みたいなもんだから必要なんだとも思います。ですけど、今回はしつこすぎ。さすがにクドい。途中までテンポも良かったし面白く観れてたのに…。ラストもそのまま畳み込んでほしかったです。もう最終的に皆で泣きだしちゃって、予告の時点でけっこう大々的に見せつけてたのである程度構えて見ましたが、ちょっと涙の分量が多いな、と。坂本龍一先生の劇伴も、単調だし、押し付けがましくて終盤はイヤでしょうがなかったです…。むしろラストは予告のようにサスペンス色濃厚な見せ方のほうがよかったんじゃないでしょうか。そして、「泣かせ」の部分はピンポイントでガツンと来たほうがグッときた気がします。というか、そのほうが個人的に好みでした。あんなにも長々やらずにコンパクトにまとまりそうなもんですけどね。人が泣いてるの見ると、泣けないんですよね。むしろ、こらえてこらえて、それでも出ちゃう涙のほうが…。まあ、書いててナニソレって感じなんですが、要は泣きどころでアッサリ泣かないでほしいんです。もっと予想から外れた意表をついたところで号泣してほしい…って無理難題っぽいですね、うーん、できれば『悪人』の時のように一時でも涙を隠すような演出のほうが心に響いた気がします。「ここ泣くところですよ!」って感じの号泣シーンは大嫌いです…。

ikari10

宮崎あおいさん、ギャーギャー泣き喚きすぎ。

ikari9

妻夫木くんは、うえーんって感じ。

ikari13

ケン・ワタナベ、ほろりと泣く。

ikari14

このように、まあ、みんな嬉しかったり悲しかったり悔しかったりで号泣してんですけど、森山未來の泣きは良かったと思います。どうしても堪え切れずに涙がこぼれ落ちてしまうという感じで、泣き演技対決では森山未來の圧勝でした。そして、これ演技なんですけど、劇中でも「泣いたふり」というか、実際泣いているんですが、嘘泣き…なんですよね、たぶん。

殺人犯は、森山未來でした。

ikari16

個人的に事件の真相部分(殺害へと至る経緯)だけはちょっと好きというか、やや説明的ではありますが気持ちわかりました。犯人が夫婦を殺害したシーンです。犯人(森山未來)は日雇い派遣として働いており、事件当日は住宅街にある土木現場に向かっていたのです。しかし歩いても歩いても指定された場所が見つからない。おかしいと思い会社に確認してみると、今いる場所はまったく間違っており(前回の現場)電話越しに嘲笑されてしまう。その日は真夏の暑い日で、彼はどうしようもなく脱力し、近くの住宅の玄関前に腰を下ろすことに。しかし運悪く家主の主婦が帰宅してしまい、気まずく鉢合せてしまう。主婦が家の中に入っていってからも犯人は疲れ果ててその場を動かず、暑い日差しを受けて座り込む。そこへ気を利かせた主婦が、同情なのか何なのか、犯人に好意でお茶を持ってきて、これがきっかけで殺害に至ってしまう、というものでした。犯人の風貌は、松山ケンイチが一番近かったと思います。

苛々するような最悪な状況の中、見知らぬ他人に優しくされてしまう。これが癇に障ったのか、見下されたように感じたのか、定かではありません。会社の人間へと感じた犯人の「怒り」がまったく関係ない他人に向いてしまう、ここの感情はわからんでもなかったです。だからってそんなことで人を殺すのはとんでもなく身勝手な話ですが。どうしようもない鬱憤の溜まりようが、わりと短時間で伝わってきました。主婦にまったく非はないし、悪いのは完全に犯人です。素性の知れない人間への善意が殺人の引き金になってしまうという恐怖として描いていたのでしょうか。

結局、森山未來は、ただ頭がオカシイとしか思えない人物でした。

ikari5

米兵にヤラれてる女
知ってる女だった
気絶 ウケる

この言葉が壁に刻まれているのを見て、少年の殺意が目覚めます。そして、森山未來は少年にナイフ(裁ち鋏だったかも)で腹を刺され、殺されてしまう。森山未來が夫婦を殺害してしまったのと同じように、突発的な「怒り」は目の前の存在へと向けられる。果たして殺すべき相手は森山未來だったのか…。彼はゲスなクソ野郎で、殺されてもしょうがない人物だったのかもしれません。しかし少年が好意を寄せる広瀬すずを無惨に犯して悲しませた憎むべき相手は米兵だったのでは…?

それよりも信頼した相手に裏切られた憎しみのほうが勝っていたということでしょうか…。まず最初に米兵を殺してほしかったです。そんなことになったらリアリティも何もないんでしょうけど。いろいろ考えさせられました。

夫婦殺害描写は「カットせずにちゃんと見せろ!」と言いたいです。包丁で刺し殺す瞬間だけ見えないとかさ、ガッカリですよ(それを観に来てんのに)。森山未來の死にざまも、死んだかどうかよくわからずフェイドアウトしていっちゃうしスッキリしない感はありました。ここはザクザクっと刺しまくってもよかったですよ。このへんはただの好みの問題です。

ikari2

そもそもこの話、映画化するの難しかったんじゃないかなと思いました。事件発生から解決までの間が長すぎて、刑事がピエール瀧なんですけど、コイツがあんまり登場しないんです…。もっと頻繁に要所要所で忙しく事件の捜査でもしてれば緊張感も出て気張って見れたように思いますけど、まあ設定上ムリがあるのでそうはできないのでしょうが、とくに中盤、もう少し警察との接触があったほうがよかったんじゃないかと思いました。3つに分けたことで残虐な事件性への印象が薄まってしまったような気がします。それぞれ楽しめるシーンはあったのですが、重要な殺人事件とのバランスがちょっと悪かったように思いました。「本当に重要なのはそこじゃないんだよ!」ってのは分かりますけど、ラストは、いきなり説明的になってしまい、一応の事件の結末がテレビ中継で【容疑者死亡!】って…。

信じること、裏切られること、そして、怒り。どれもキレイにまとまっていましたし、これといって破綻もなかったです。なので脚本への文句はないのですが、激しく共感することはありませんでした。映画の登場人物の喜怒哀楽をただ呆然と眺めて、ここは悲しい、つらい、など想像して「わかる」ことは多々ありましたけど。

他の方の感想など見ると号泣してる人も大勢いるようですし、自分に合わなかっただけかなとも思います。まず、個人的には見ず知らずの人間を易々と信頼できちゃうそういう部分が理解できなかったりもします。他人なんかなかなか信頼できませんし、ましてや素性の知れない人間を信じるなんて…まあ殺人犯だったら、それは驚くでしょうけど…いまいち伝わってきませんでした。

そうはいっても画は美しいし、(途中までは)編集も巧い。さすが李相日と思う瞬間もあったりして、自分の中でも賛否両論な感じで、好きか嫌いかといったら断然好きではあるんですが、うーん、ハッキリしなくてふらふらした感想になってしまいました、すいません。原作ファンの方曰く、本物の『怒り』は原作にあるようです。おそらく、実際そうなのだと思います。とりあえず読んでみたいです。観て損するような映画だとは思いませんでした。


予告では後半サスペンスっぽく強調されていました。